未分類

ジオイド三番町

①立地の確認

最寄り駅は、徒歩10分程度の場所にある九段下駅と半蔵門駅、市ヶ谷駅となっています。このため、目的先に応じて東京メトロ半蔵門線や南北線、東京メトロ東西線や都営地下鉄新宿線、JR総武線などを利用できることから、東京都心各地への交通アクセスは優れています。

fi1Afwr7suGD6amhaEDr8OrBjHmJMxhIAMx67Qs6

②周辺環境

周辺環境は、マンションやオフィスビル、大学キャンパスや外国大使館などが林立していますが、徒歩5分圏内に靖国神社や北の丸公園が立地していることもあり、平日の昼間でも静かで落ち着いた地域となっています。そして、三番町だけで住民が3000人以上居住していることから、住民の生活利便性は良好となっています。具体的には、徒歩3分の場所にスーパーのまいばすけっと九段南3丁目店があるため、日々の食材購入には不自由しません。また、九段下駅前には九段郵便局があるため、郵便物や小包を出したいときに便利です。

なお、このマンションから徒歩5分の場所にある北の丸公園への、もっとも近い入口は旧江戸城の田安門となっています。この田安門は1636年に創建されており、江戸幕府草創期の建築物であることから重要文化財に指定されています。現在は、誰でも自由に田安門を通ることができます。ちなみに、8代将軍徳川吉宗の次男である徳川宗武は、吉宗の命令により田安門付近に屋敷を与えられ、御三家に準ずる格式の御三卿を創設したとき、田安徳川家を名乗りました。

③造り

ジオイド三番町は、総戸数が19戸で地上11階建てとなっている高級マンションです。

外観は、ベージュ色を基調としており、周囲のマンションやオフィスビルと調和したフォルムとなっています。

④共有施設

建物設備のメリットとしては、エントランスに宅配ボックスが設置されているため、外出中に宅急便などの配達があっても荷物を受け取ることが可能な点が挙げられます。一方、デメリットとしては、敷地内の駐輪場スペースが狭く、1戸につき2台分のスペースは用意されていない点が挙げられます。

⑤室内設備

室内設備のメリットとしては、キッチンに食器洗い乾燥機が設置されている点が挙げられます。家事の時間を短縮することができます。一方、デメリットとしては、収納するスペースがクローゼットしかない点が挙げられます。災害発生時用の簡易トイレなどを購入しても、収納する場所がありません。

間取りは、2LDKと3LDKが用意されています。

 

ジオイド三番町を詳しく知りたい!

募集中の部屋を知りたい!内見に行きたい!Geoido Sanban-Cho

お電話でのお問い合わせは
intro_inquiry_tel

Comments are closed.

Powered by: Wordpress